今、ケニアでは教育がアツい、知られれざるケニアの受験事情


Hello everyone!! 初めまして、SSA新人スタッフのMegumiです。

突然ですが皆さん、アフリカに対してどのようなイメージをお持ちですか? 発展途上、野生動物の宝庫、貧困…

色々なイメージを持っている方がいると思いますが、教育にとても力を入れているというイメージを持っている人は少ないと思います。

実はアフリカ、特にケニアの大学進学率は年々増加していて、「2007年から2011年のあいだに、年間の大学進学者は11万8239人から19万8260人(約68%)」に増加したそうです。

ケニアでは2008年からは中等教育までを無償化され、家を支えるために仕事をしなければならない子供もいるアフリカ各国の中では画期的なシステムとなっているのです。私は2011年から2013年までの2年間をケニアですごしましたが、ニュースも連日教育のトピックで盛りだくさんでした。

(引用元:https://my.ccv.church/GetImage.ashx?Guid=6d57006b-a576-44ff-b306-0ddad4b14f3c)

中等教育以上の教育を受けたい人は全国統一のテストKCSE(Kenya Certificate of Secondary Education)、を受けてその成績で進学できる高校や大学が決まっていきます。成績が良ければ政府からの学資支援も受けられます。貧富の差が大きいとされるケニアですが、努力して優秀な成績をおさめ、良い教育を受けられれば、いい仕事にもつけるのです。ケニア人にとって、まさに人生一発逆転の大勝負なのです。なんだか中学の科挙をおもわせますね…

大自然や動物で知られるケニアですが、実はシビアな学歴社会という一面ももっているんですね…

世界の反対側で一生懸命勉強している子供たちを考えると自分も負けていられないなという気持ちになります。少し堅苦しい初投稿となりましたが、今回は以上です!それでは!

See you soon!! 🙂

アイキャッチ画像引用元:(https://www.aidforafrica.org/blog/overcoming-barriers-to-graduating-from-high-school/)