当たり前が当たり前じゃない?!~世界の不思議な法律Part2~


こんにちは!SSAスタッフのマナです(^^♪

今回はこの前に引き続き面白くで不思議、「それ本当?!」と耳を疑ってしまうような世界の法律をご紹介いたします!

 

まずはアメリカ合衆国から!

アイダホ州: ラクダに乗って魚を釣ってはいけない。 →いったいどんな状況...

アラバマ州: 協会で笑いを取るためのつけ髪は禁止。 →さすがクリスチャンですね

コロラド州: 酔って馬に乗ることは禁止 →安全性の問題でしょうかね

テキサス州: 立ちながら3口以上ビールを飲んではいけない。 →誰が取り締まるんですかねこれは(笑)

ノースダコタ州: 靴を履いたまま寝てはならない。 →日本では”習慣”がここでは”法律”なんですね...

ミズーリ州: 未成年でも紙巻きたばこの葉とロール紙は購入可能だが、ライターの購入は禁止されている。 →なんだこれ

モンタナ州: 妻は夫のメールを開けてはならない。 →法律にしないとみんな開けてしまうんでしょうか・・・恐ろしいですね

 

ではお次はヨーロッパ!

フランス: 豚を「ナポレオン」と名付けたり、呼んだりしてはならない →敬意の表れなのですかねこれは

     顔が人間ではない人形を売ってはならない。 →E.Tが流行ったときも人形が販売されなかったらしいですよ!

イタリア: スタイルが悪い人、醜い人はビキニを着てはならない。 →警察官の判断によってこれは決まるみたいです(-_-)

 

そしてアジア・太平洋!

オーストラリア: バットマンのコスプレをしてはならない。 →ハロウィンの時には特に気を付けなきゃですね。

インド: 公園でイチャイチャしてはならない。 →これは有名みたいですね。インドではくれぐれもお気を付けくださいね。

 

どうですか?「え。」と耳を疑うものばかりですよね。思わず本当なの?と声に出てしまいそうな。しかし試して本当かどうあ試すなんてことはせず、へぇ~と思っておきましょう。以外にも結構罰金が取られるみたいなので。(笑)